TOP

発展

浜松市から県下全域へ、「さなる旋風」巻き起こる


平成3年施工 さなる総合教育センタービル(浜松)

理事長の教育観・人生観に惹かれ共感した、同志たる教師たちの情熱的な指導により、浜松市では「さなるパワー」が爆発。生徒数はウナギ上りに増加を続け、数年のうちに3,000名に達しました。市内全域の優秀な生徒が、ほとんど全て佐鳴に通うという状況が作り出されたのです。

そして昭和59年、佐鳴は静岡県全域に「さなるの輪」を広げる方針を決定。

まずは静岡市に本部を設置し、静岡・清水に分校展開を開始。翌年からは磐田・袋井・掛川と、県西部に展開を続けました。さらに東部地区に翼を広げ、沼津・三島に進出。昭和62年の秋には生徒数が10,000名を突破、一挙に静岡県ナンバーワンの私塾となりました。

「佐鳴は、これでもかこれでもかと生徒に勉強を詰め込む場所ではない。彼らに将来の希望を持たせ、やる気と向上心を持たせることを目的としている。高校受験は、子どもたちにとってまたとない成長の場だ。そこから逃げずに挑戦を続けることによって、より高い次元への飛躍が実現できる。教師はその意義を説くとともに、強い指導力で彼らの能力を開花させようと導いてやらなくてはならない。受験を通じ、人生を教えるのである。」

「われわれの仕事は、教育を通じてこの世の中の発展を願うものである。殊にいじめや登校拒否、若年層の非行など被教育者の精神的な歪みを目の当たりにすれば、日本の教育をより高い次元に引き上げることを願わないものはいないはずだ。教育界に革命的刷新をもたらすためには、莫大なエネルギーが必要だ。佐鳴は、一私企業的な利潤追求のみを目的として発展するのではない。われわれの意見を広く世論に問うために、強大な力が必要なのである。」

子どもたちの進学や将来について真剣に取り組み、教師の指導力に何より重きを置いて教育を見つめる佐鳴に、期待と信頼が集中したのは、いわば時代の趨勢でした。

「熱き想い」を胸に、サナルイズムの新たなる挑戦

昭和63年、静岡県内に校舎を展開しつづけてきた佐鳴は、愛知県豊橋市に4つの校舎を開校。「サナルイズム」はそこでも多くの人々の共感を呼び、愛知県東部に瞬く間に広まりました。
そして豊橋本部開設からわずか3年目、東三河の名門、時習館高校に200名を超す圧倒的な合格実績を挙げたのです。

さらに平成2年、岡崎市、豊田市にも本部を開設。平成3年には愛知県の塾生数が4,000名を優に超えています。

「今、教育の場に必要なのは、教える側、教わる側の『熱き想い』である。それが教育の原点であることを、われわれは決して忘れてはならない。それぞれの教師が熱き想いを胸に固く結束し、現在の仕事に誇りを持ち、われわれの正しさを信じ、そして情熱をもって未来の教育のための革命児となろうではないか。」

平成3年春には、浜松駅前に「さなる総合教育センタービル」が完成。新たな教育活動の拠点として、一層の発展に弾みを与える機能を果たすこととなりました。

平成4年秋、総生徒数は20,000名を突破。
そしてその翌平成5年、名古屋市に4つの新校舎を開き、またその近郊にも年を追って続々と新校舎を展開しています。

そして平成8年に岐阜県に本部を開設。
平成11年には本社を名古屋に移転し、更なる規模拡大の足がかりを築きました。

事業拡大は、平面的なものばかりではありません。平成10年に現役高校生を対象とした大学受験科を創設し、小・中・高一貫教育を実現。そして平成11年、コンピュータを使ったオーダーメイド個別学習システム「SCPL21(現・学力トレーニング@will)」を開発し、自学自習の新たなスタイルを提示しました。

平成15年にはより効率よく、中身の濃い授業を求めて、新授業システム「See-be(シー・ビー)」をNHKエデュケーショナルの協力のもと自社製作。平成17年には「個別質問対応システム」「ネットワークカメラ制御システム」を開始。

平成20年、大学受験用映像教材ハイスクール@will(アット・ウィル)の自社製作を本格スタート。
さらに平成28年、タブレットを使用した革新的な指導ツールを開発・導入するなど、常に“最先端”の教育システム作りを手がけてきました。

また、平成19年には「九大進学ゼミ」、平成20年には「三島進学ゼミナール」を子会社化。
平成21年には首都圏の中学受験名門「啓明舎」を吸収合併。

そして平成29年春、世界中の子どもたちにサナルの教育を届けるための第一歩として、タイのバンコクに校舎を開設しました。現地の人々からの信頼は篤く、開校からわずか半年で生徒数は100名に達しました。サナルイズムはいよいよ世界へ広がろうとしています。

現在、さなるグループ全体で300余の校舎、生徒数はおよそ50,000人を擁します。平成27年に創立50年を迎え、「サナルイズム」は成長を遂げて勇ましく巣立っていった、総数25万人という膨大な数の卒業生たちに受け継がれているのです。