啓明舎│難関中学受験名門

Menu

パズル道場
「覚える人」になる前に、「考える人」になろう!

対象:小1~小6

パズル道場

子どもにとって本当に有用な能力を育成する算数講座です

センス(感覚)・思考力の育成と知識の習得を同時に行います。算数の学力はもちろんのこと、子どもたちに本当に有用な“将来伸びる力”を身につけさせます。

センスを磨くしくみ

2つの「考える」で学力センスを鍛える

学力センスを育成するには、能力となる「感覚」と正しい「習慣」が必要となります。感覚だけが優れていても、正しい習慣が身についていないと学力センスは身につきません。「感覚」と「習慣」を同時に身につけていくことを目標として「パズル道場」は授業を行っています。

確かな理論をもとに考えられたプログラムです

パズル道場の4つの理論

理論概要1|見えない学力

小学生は「見えない学力」育成を中心に行なうべきである

重要ポイント
考えることが習慣化される前に、暗記中心の習慣を身につけてしまうと、子どもは「思い出す」という思考が中心となり、「新たに考える」という思考の妨げになる場合があります。
『覚える人になる前に考える人になろう!』

理論概要2|イメージ化能力

理解力を高めるには、イメージ化能力を高めるべきである

理解する事の第1段階はイメージすることです。
•理解力が高い子は、書かなくても理解できます。

理論概要3|空間認識能力

イメージ化能力を高めるには、空間認識能力育成が効果的である

空間認識能力は立体感覚だけでなく、以下の3つの平面感覚を併行して育成すると効果がアップします。

①平行移動感覚
②対象移動感覚
③回転移動感覚

理論概要4|量感

数を量として認識する能力(量感)を高める事を最優先するべきである

重要ポイント1
順番としての数を先にやりすぎると、“量”として数を認識する障害となる場合がある。
重要ポイント2
補数(5との差、10との差)の感覚とともに、数を量として認識すべきである。
重要ポイント3
簡単な数の素因数分解や最小公約数・最大公約数は”暗算”できるようにすべきである。

©Keimeisha Corporation All Rights Reserved.